大腸ポリープ切除

大腸ポリープとは

大腸ポリープ切除対応大腸ポリープは、腫瘍性と非腫瘍性があります。最も多く見つかるのは、腫瘍性の腺腫です。腺腫は良性腫瘍ですが、進行することで一部ががん化してしまいます。また、非腫瘍性の場合も稀にがん化することがあるため、切除対象となります。大腸カメラ検査の途中でポリープが発見された場合、その場で切除することで将来の大腸がん予防となります。当院でも、大腸ポリープ切除に対応しております。お気軽にご相談ください。

大腸ポリープの症状

大腸ポリープがあっても痛みなどの自覚症状はほとんどありません。ポリープが便の通り道にある場合、硬い便が擦れて出血することがあります。この場合、便潜血検査において陽性となります。ただし、小さいポリープや隆起していないポリープ、柔らかい便の通り道にあるポリープなどは便潜血検査では発見できません。以上のような、ポリープの大きさや形状に関わらず、早期に発見できるのは大腸カメラ検査のみです。大腸カメラ検査では、見つかったポリープはその場で切除手術が可能です。そのため、自覚症状が無くても大腸がんの発症率が高くなる40歳を超えたら、定期的に大腸カメラ検査を受けることをお勧めします。

早期発見・早期治療でQOL(生活の質)を守ります

大腸がんは、前がん病変のポリープの段階で発見して切除すれば根治が可能な病気です。ポリープをそのまま放置すると、がん化する恐れがあり、特に40歳以上の方は大腸がんリスクが高まります。大腸がんが進行すると、手術が必要となり、長期にわたって生活や仕事に支障をきたします。ご自身とご家族のQOLを守るためにも、当院では40歳以上の方に定期的な大腸カメラ検査をお勧めしております。

大腸ポリープ切除

当院では、日帰り大腸ポリープ切除手術が可能です。大腸カメラ検査の途中で、大腸ポリープが見つかった場合、その場で切除手術を行います。切除における痛みはなく、5~10分程で切除できます。検査と同時に切除できるため、患者様の負担も軽減できます。また、改めて大腸カメラ検査を行う必要がないため、事前の下剤服用も1度で済みます。ただし、大腸ポリープの数が多い場合や大きい場合は、入院手術が必要となるため、高度医療機関をご紹介しております。

大腸ポリープ切除方法

大腸ポリープの切除は、ポリープの形状や大きさによっていくつかの方法があります。大腸カメラ検査での切除が可能なポリープは、5~10mm程の小さいポリープで、5個ぐらいまでとなっています。なお、切除したポリープは生検を行い、確定診断に用いられます。

コールドポリペクトミー

コールドポリペクトミー

ポリープにスネアをかけて、締め付けてから切除しますが、高周波による通電を行いません。ポリープの深部へのダメージがないので、術後に炎症や穿孔など合併症リスクはありません。切除後に出血がありますが、自然と止血される程度です。安全性が高いので、当院では主にコールドポリペクトミーで切除しております。

内視鏡的粘膜切除術

内視鏡的粘膜切除術

スネアをかけられない平坦なポリープに用いられます。生理食塩水を粘膜下層に注入してポリープを持ち上げ、ポリープにスネアをかけて切除します。これによって、平坦なポリープを安全に切除することができます。

大腸ポリープ切除後の注意点

大腸ポリープ切除手術を行った場合、日帰りでご帰宅いただけますが、いくつかの注意点を守っていただく必要があります。

脱水や低血糖予防

大腸ポリープ切除後の注意点大腸カメラ検査における事前の食事制限や下剤服用によって、脱水や低血糖を起こしやすくなります。これらを予防するためにも、検査終了後は医師の許可が下りたらすぐに水分補給や糖分補給を行ってください。

食事

切除当日は、消化の良いものを召し上がってください。検査後数日間は、香辛料や脂肪分の高い食事は控えてください。

飲酒

飲酒

アルコールは、血行促進することから出血のリスクが高まります。切除後1週間程は飲酒を控えてください。

入浴

切除手術翌日からシャワー浴が可能です。湯船には数日間は浸からないでください。

運動

大腸ポリープ切除翌日から、散歩程度でしたら可能です。ジョギングなど激しい運動、ゴルフやテニスなど腹圧がかかる運動は、切除後1週間程は控えてください。

旅行や長時間の運転

切除手術後1週間は、旅行や長時間の車の運転は控えてください。また、飛行機は気圧の変化によって出血するリスクが高まるため、ご利用を避けてください。また、遠方にいることで的確な処置を行えないことがあるため、旅行や出張スケジュールにはご注意ください。

大腸カメラ検査の費用

※この表は横にスクロールできます。

  1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約7,500円
大腸カメラ検査+病理組織検査 約4,000円 約11,000円
日帰り大腸ポリープ切除 約8,000~10,000円 約24,000~30,000円

検査代金以外に別途外来診察料はかかります。

TOPへ